2006年01月02日

敷金0の問題点

もうすぐセンター試験ですね。
僕も大学受験は経験しました。キツイですが入学した後の一人暮らしは最高です。
受験生の皆さん、最後まで頑張りましょう!

さて、敷金0の問題点ついて投稿致します。

敷金0礼金0のアパートやマンションを、インターネットや店頭で目にしたことがあると思います。
初期費用は安くなるので、けっこう人気です。
が、トラブルは多いです。

投票お願いしますbanner_02.gif

敷金は簡単に言うと、部屋を借りるための担保です。
例えば、お金を借りて返せなかった時は、土地や車を差し出すという、
その土地や車が担保なのです。

では、トラブルを具体的に申しましょう。
まず、原状回復義務というのが曲者です。

現状回復義務とは、故意に壁などを壊したり汚したりした時に、元に戻す義務です。

イライラしていて壁を殴ったら穴が空いた。
直さなければなりませんね。これは借主の義務です。
これは免れることはできないのでトラブルにならないとしましょう。

では、タバコのヤニで汚れた壁のクリーニング費用はどうでしょう。
何気ない問題かもしれませんが、こういうので裁判になることが多々あります。

以下のような業者があります。
それは、敷金0円の物件では、クリーニング費用として一律30,000円を入居前の契約時に頂戴して、
退去時には一切お金を頂かないとう業者です。
契約を明確にすることにより、トラブルを防ぐということですね。

そもそも原状回復義務は貸主の義務なのですが、今日の賃貸借契約では、
99%が借主負担という特約を組むのが主流です。
ですから、その条件をのまなければ部屋を借りれないという状況なのです。
おかしい話ではありますが・・・。

敷金0円の問題は現状回復だけではありません。

みなさんは、新築の物件で敷金0円というアパートを見たことがありますか?
殆どないと思います。
なぜならば敷金0円にして、入居率が悪いアパートなどに客付けしようという意図もあるのです。
敷金0円のアパートやマンションは、もともと人気がなかったアパートなのです。
つまり、アパートやマンションの設備や周辺状況に問題があるのです
さらに言えば、敷金0・礼金0だと初期費用が安くおさまりますので、
差別ではないですが、入居者の質も悪いです。

以上のような問題があります。

契約の際には、きちんと説明されることに注意して、
はんこを押しましょう。


上手に書けていたら投票お願いしますbanner_02.gif

[PR]夢を語って1千万円!【レオパレス21 夢実現コンテスト】
[PR]冬だって開放的になれる!今冬はリステルのゲレンデで!
[PR]物件数最大級のお部屋探しサイト CHINTAIネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11274856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。