2006年03月30日

家を知るならハウジングナビ

まずはこちらのHPをご覧いただきたい。
  • ハウジングナビトップページ


  • キレイに整理されたこのサイト、さすがリクルートが運営しているものですね。
    内容としてはリクルートが刊行している「月刊ハウジング」のスタッフが取材した信頼できる業者が掲載されています。
    実際にサイトを覗いてました。
    大手企業から地元業者まで掲載されています。
    家の画像とともに実際に建てた家が掲載されているので、自分が建てたい家のイメージがわきやすいと思います。
    都道府県別にハウスメーカーを探せるのもグッドですね。
    探せるといえば、どんな家を建てたいのかという具体的な条件で探せることが便利だと思いました。
    漠然と家を建てたいと思っていても、いざどんな家がいいのかと自問自答してみるとけっこうわからないものです。
    例えば、
  • 外観デザインにこだわった家
  • 室内デザインにこだわった家

  • 和テイストを活かす家
  • 輸入住宅

  • 自然素材を活かす家
  • 3階建て・地下室のある家

  • 狭小・変形地に建てる家
  • 2世帯住宅

  • 賃貸併用住宅

  • 上記はほんの一例で、さらには地震に強い家や省エネの家などたくさんあります。
    これらの条件でハウスメーカーや工務店を探しているうちに、
    「家を建てるならオール電化じゃなくちゃ」とか
    「やっぱりとことんデザインにこだわろう」とか
    具体的にどんな家を建てたのかが明確になると思います。
    明確になったところで、今住んでいる地域の近くに目的にあったことができるハウスメーカー・工務店があるのかを検索できます。
    いろんな業者から資料請求して比較してみると、損しない業者選びができそうですね。
    筆者的には輸入住宅が今お薦めです。

    家は高いです。勿論ですよね。
    いつかは所有したいモノです。
    高価で投資目的でなければ一生ものです。
    だから誰でも失敗はしたくない。しかし、近頃の話題は耐震偽装ですよね。
    東横インのような大手ホテルチェーンも法律違反を犯して利益追求しています。
    こんな建築業界の今だから、ハウジングナビのようなサイトが求められているも事実です。
    巷では失敗しないマンション選びというような本が売れ行き好調らしいですが、私は本読んでも失敗すると思います。
    一番安全なのは、本やインターネットで知識を蓄え、様々なメーカーの営業マンと話をすることで安心できる家が作れると思います。
    ただ、家を建てたらそれだけでは終わりません。
    固定資産税などの税金、相続、維持などいろいろと手間とお金がかかります。
    その辺も頭に入れて付き合う覚悟がないと、ホームレスというような場合だってあると思います。
    私が家を建てるとしたら、まずFPと話し合い今後のキャッシュフローを作成し、建てますね。
    皆さんはどう考えますか?

  • ハウスメーカー住宅商品一覧

  • img1.gif
    posted by 小十郎 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しいシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/15791992

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。