2007年01月10日

賃貸アパート(部屋)決めました!

先日、友人の部屋を探しに不動産屋に行った記事を投稿しましたが、
その続編です。完結編です(早!

けっこう部屋探しは簡単ですよ。

自分が部屋に払える金額と最低限これはあって欲しいという具体的な要望があれば、簡単に部屋は決められます。

友人の部屋探しのお助けだったですが、友人の条件は至ってシンプル。

@低予算(30,000円〜40,000円台)で
A間取りは2DK以上で
B戸建も可で、
C勤務先が中心地域から離れているので場所はなるべく勤務先に近いところ。

以上が条件です。
さて、どうなったでしょうか・・・
1度目の部屋探しは(といっても閉店間際に1件だけしかまわらなかったけど)、友人の希望条件をアンケートに記載し、渡して、備え付けのPCいじくりながら物件案内を店員が持ってくるのを待ち、それについての説明を聞き、「どうですか?」といわれただけでした。
もちろん、部屋を見に行く気にもなりませんでした。
閉店間際ということもありますが、それでも翌日にまた再来店する衝動もおきませんでした。

この日の店は明らかに違った。
僕が習った営業でした。
それもそのはず。元上司がいたお店ですw

席に着いたら条件を聞いてきます。
手持ちの物件数がない不動産屋にしてみたら、この友人の条件はけっこうキツイです。
僕はこれらの条件を聞いた時、アウチ!と思いました。
が、そこはどんどん出てきましたw

ただ、予算面から場所は希望通りの物件がでてきません。
しかし、希望通りにいかない場所でしたが、希望していた場所よりも優良な場所でした。
具体的に言うと、友人の勤務地は福島県郡山市喜久田。
希望は亀田や富田でしたが、でてきた物件は横塚(郡山駅東ショッピングセンターまで400m)と若葉町(郡山駅も徒歩圏内だし、勤務地にも近い。)
福島県意外の方もわかるように説明しますと、
新宿駅が郡山駅とすると、勤務地の喜久田は国分寺あたり。
亀田や富田は阿佐ヶ谷あたり。
出てきた物件は代々木や高田馬場かな。
まぁ、地下鉄がない郡山と地下鉄が凄すぎる東京とは比較にならないけどw

さらに、友人は転職も考えていたので中心地域に住めることはとてもよかったみたい。
横塚よりは若葉が勤務地に近いということもあり、若葉の物件を見ることに。

若葉町の物件はPいれると賃料47,000円。築年数は30年ぐらい。
場所がいいと家賃が安ければ比例して築年数は古いものです。
現地について部屋をみるとまぁ、確かに部屋自体はねんきがはいっています。
が、水周りがすごい!
そのアパートはかなりの世帯数がありましたが、空き室はわずかに6つ。
どんなだろうと思ってはいましたが、入居促進の計がしっかりできています。
その水周りは、ウォシュレット付きのトイレに追い炊き付きの風呂。
給湯設備もしっかりついていました。
それで駅までも近い。
プラス入居月の家賃はサービスでBフレッツも導入済み。
友人は速攻きめました。

友人は給湯ではなく、湯沸かし器やバランス釜の物件でも風呂にきちんと入れればいいというのが譲れない条件でした。
紹介された物件は築年数は古くても水周りがリフォームされていました。
そこが決めてだったみたいです。

逆に、低予算で探している方が部屋がみつからないと嘆くケースは、
予算が低ければどこでもよいという方を多く見受けますが、
ないお金を払って住むんだから、低予算でもいい物件に入りたいという願望を抱く方です。
そりゃ誰だっていい部屋に住みたいです。
が、予算や場所によって色々と制限が生まれます。
そこで絶対に譲れない条件を持っているかないかによって、
全然部屋みつからねーよと嘆くか、この物件は俺にぴったりだと自賛するかに分かれます。

ただ、1日目の不動産屋みたいになんにもヒアリングしてくれない店に入ってもだめです。
その時は思い切って店を変えましょう!

こんなもんですよ。
部屋探しは^^
posted by 小十郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31180915

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。