2008年03月20日

敷金退去清算?B

前回は管理会社の人間との話を中心に書くといっていたのに、
前置きが長くなり、すいませんでした。

ということで、その会話を書きますね。

この記事は僕が引っ越しを行う際の敷金、退去清算の実話です。管理会社である積和不動産の敷金精算に関する、
決裁権者の話はいたってシンプルでした。

話し方はこっちの神経を逆なでするようなことを言いますが。

「あなたが妥当だと思う金額をご提示ください」

結論はこうです。


話をした僕の感想としては、やけに、
「逆に」
という言葉を連呼するなという感想です(笑


で、僕はその日にFAXしました。

?国土交通省発行の退去後のリフォームに関する費用負担などが書いてあるガイドライン。
?消費者契約法
?住宅金融公庫

これらの3つに関するものを改めて読み直し、
金額を提示しました。

預けた敷金は9万円。
見積もり金額は8万9千円程度。
僕の払ってもいい金額は、過失部分の補修1万円の55%で5,500円です。
上記の55%は3年入居の場合の費用負担額です。
残りの45%は貸主負担分です。

契約書をみると、特約に「畳の表替え張り替え、フローリングの張り替えなど、借主が負担する」と書いてありますが、
取引主任者に重要事項説明も受けていないし、消費者契約法により無効になる確率が非常に高い。

極めつけは住んでいたアパートが住宅金融公庫から融資を受けて造られたアパートだったので、借主に負担増な契約がまかり通るなんてことは、ありえない。

ということで、5,500円を提示。

次回は5,500円という提示後の管理会社・積和不動産の対応について書きます。
posted by 小十郎 at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 原状回復・私の実体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「シャーメゾン」で検索して、たまたま通りかかりました。
私も現在シャーメゾンに住んでいますが、
現在住んでいるところも古くなるので、引越しを検討中です。
興味深い内容に、続きが知りたいです。
Posted by ポトリ at 2008年04月01日 23:21
ポトリさん、コメント有難うございます。
同じシャーメゾンにお住まいなんですね^^

更新が遅くなり、すいませんです!
これから書きます^^
Posted by エイチエム at 2008年04月03日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90228470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。