2007年09月20日

敷金礼金0のデメリット・客層が・・・

今回は、敷金・礼金0にすることのデメリットの続きです。
だいぶ日が経ってしまって申し訳ありません。

客層が悪くなるというデメリットはどちらかというと、家主さんや業者側が気にすることかもしれませんね。

それでは述べたいと思います。続きを読む
posted by 小十郎 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家主さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

敷金礼金0のデメリット(続き)

敷金と礼金を0にすると部屋を探している方にとっては、
初期費用が安くなるというメリットがあると前回書きました

今日はデメリットを書きますね。
敷金礼金0にすることでのデメリットは、続きを読む
posted by 小十郎 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 家主さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

駐車場をビフォーアフター

突然ですが、あなたのバイクは今いくらだろうか?
うむうむ、愛情が詰まったバイクを手放す訳がなかろーとですか。
そいつはごもっとも。
バイクは車よりも愛情がでる乗り物と言われています。

しかし、現実は違う。
いくらかわいい愛車だろうが、駐車スペースに困り手放す人が増えている。
地主さん、チャンスですよ!ぴかぴか(新しい)続きを読む
posted by 小十郎 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家主さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

敷金・礼金0にするということ

escape.jpg


久しぶりの投稿です。

営業に異動になり、記事を書く時間がありませんでした。
言い訳ですね。
時間がなくても作らなければならないのが、
現代人、かな。


さて、タイトル通り敷金・礼金0にするということを書きます。
異動前は広報・宣伝活動を主にしてましたが、
営業になりわかったこともありました。

敷・礼0の物件は、契約金を安くすることにより入居者を促進しますが、
契約金が安く収まるということは、お金が無い人が集まります。
したがって、夜逃げや家賃滞納が飛躍的にあがります。

礼金は別としても、敷金はあくまでも【担保】です。
最近では退去時の現状回復を敷金から清算するという視点から
敷金が問題視されていますが、
敷金0にするということは、家主にはリスクが生じます。

入居さえすれば良いということではないのです。
posted by 小十郎 at 18:24| Comment(3) | TrackBack(1) | 家主さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

相続税

相続税が発生すれば税務署に申告が必要なのですが、
申告するとたいてい税務署の職員が調査にやってくるそうです。
誤魔化しているようだと判断されれば、どんどん質問されます。

不正をしようとするなら、なんとか税金から逃げようとしているわけですから
事前に税理士や弁護士などに相談して、質問に耐えられるかもしれません。

ところが不正をせずにありのままを申告したのに、税金について何も知識が無いため、
怪しいと判断され職員と問答することになったら、キツイです。

貯まってきたので銀行に預けている「へそくり」なんてどうでしょう?
「へそくりです」と堂々と説明できるでしょうか。


「あなたの財産ではないですよね」と攻められた場合、
どう守りますか?
続きを読む
posted by 小十郎 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 家主さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。